【毎日更新】新海智久の絶対ブログ宣言‼~暇潰しの暇潰しにより暇潰しの為の暇潰し篇~

現役大学生ブロガー新海智久(ともやん。)の公式ブログです。 主に日常をつぶやいたり、ニコ生配信・簡単イラスト・模写・写メ・漫画紹介・映画紹介・アニメ紹介・気になるニュースのピックアップなどもして更新していきます。SINCE2013.12.01 ◉Twitterアカウント https://twitter.com/tomoyan2013 ◉ニコ生配信はこちら http://com.nicovideo.jp/community/co1990407

タグ:機動戦士ガンダム

thumb-12173-oric2086910-entame



東京・お台場のダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場にそびえ立つ実物大ガンダム立像がきょう5日をもって、展示終了した。クロージングセレモニーでは、特別VTRが上映され、これまでの軌跡を回顧。さらに新プロジェクトとして「2017秋を目標に実物大ユニコーンガンダムの立像をこの場所に設置します」と発表された。

 サンライズの宮河恭夫代表取締役社長は「ユニコーンガンダムは小説から始まって映像展開と同時にブルーレイ販売、ネット配信をしたチャレンジした作品。ガンダムは常にチャレンジを忘れてはいけない」と起用の理由を説明。最後の勇姿を一目見ようと駆けつけた多くのファンたちからは、新プロジェクトが発表されると「おぉ~!」と歓声が沸き起こった。

 お台場・潮風公園に全高18メートルのガンダム立像「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.G30th」が初登場したのは、2009年7月。52日間の展示期間中に約415万人を動員し、大きな反響を呼んだ。12年4月より「TOKYO ガンダムプロジェクト」として「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.GFT」が再びお台場の大地を踏みしめ、きょうまで約5年間、フォトスポットとして親しまれた。

 『機動戦士ガンダム』シリーズの富野由悠季総監督も来場し「ありがとうございます。皆さんの作ってくださった会場の雰囲気の力がガンダムをこういう風にさせてくださった」と感謝。温かい拍手を浴びると「皆さんの力がないとこういうものは作れません。今後とも声援をよろしくお願いします」と笑顔で呼びかけていた。

 家族と共に訪れたという千葉県在住の40代男性は「自分の中ではすっかり定着していたのできょうで最後なのが寂しい」。神奈川県在住の50代男性も「初めて見たときの衝撃が忘れられません。またどこかでやってほしいですね」と、展示終了を惜しんだ。

 臨海副都心エリアの活性化を目的に5年間継続されてきたTOKYO ガンダムプロジェクトが一旦、終了することに伴い、同施設内7階で営業している「ガンダムフロント東京」も4月5日までの営業となる。





ユニコーンガンダムですか。私は個人的にフリーダムガンダムがよかったなぁw


images-163


機動戦士ガンダムSEEDシリーズでお馴染みのアニメーション脚本家の両澤千晶(もろさわちあき)さん56歳が亡くなったと声優の金丸淳一さんがTwitterで呟いた。
2016年2月19日に亡くなったと推測され、夫の福田乙津央氏は18日よりTwitterを更新していない模様。
死因は大動脈解離、数年前から闘病生活を送っていた。
_20160221_172406

_20160221_172625


アニメーション演出家の西村大樹さんも訃報に関する情報をツイート。西村さんはガンダムSEED DESTINYにも参加してします。
Screenshot_2016-02-21-20-17-03




なお、サンライズ・ガンダムSEED公式サイト・夫で監督の福田乙津央氏からの公式情報はない。

【追記】
公式発表がありました。
Screenshot_2016-02-23-16-55-24




両澤千晶さんとは
yjimage


両澤 千晶(もろさわ ちあき、1959年3月28日 - 2016年2月19日) は、日本のアニメーション脚本家、同人作家。埼玉県さいたま市(旧浦和市)出身。血液型はO型。

アニメーション監督の福田己津央の妻、脚本家の両沢和幸の姉である。


作品
星方武侠アウトロースター(第9話のみ) - 唯一、監督が福田己津央ではない作品。ちなみに当作品のプロデューサーは福田と関係が深い古里尚丈。
新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA (OVA)
新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN (OVA)
GEAR戦士電童(シリーズ構成)
機動戦士ガンダムSEED(シリーズ構成)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY(シリーズ構成)
漫画「機動戦士ガンダムSEED Re:」(協力)




劇場版機動戦士ガンダムSEED(仮名)について、


『月刊アニメージュ』2008年4月号でのインタビューで脚本家の両澤千晶は「プロットはだいぶ前にできている。自分が病気療養中で企画は遅れているが、企画がなくなったりはしていない。また、病状が回復次第取り組みたい」と語った。


2010年1月23日、『日刊サイゾー』にて「"ガンダム最大のタブー"劇場版『ガンダムSEED』って、どうなってるの!?」という記事が掲載された。劇場版製作遅滞の理由については「脚本家・両澤千晶が体調を崩したため」、「時勢に合わせてプロットを作り直しているため」という公式コメントが当時既に出ていたが、同記事は「アニメ雑誌の編集者」からの話として、実際の理由は「脚本が全然進まないだけ」だとしている。また伝聞として、「元々、遅筆傾向のあった脚本家による劇場版のシナリオが全然仕上がらない」のだとしている。さらに劇場版『OO』の後に劇場版『SEED』の制作再開がありうるのかという取材者側の問いについて、同編集者は「劇場版『SEED』については、このまま世間が忘れてくれるのを待つようですね。」「実際に関係者の間では、劇場版『SEED』は"タブー扱い"されていると聞きます」と述べている。ただし、「コンテンツとしてはまだ十分に訴求力はあるので、プラモデルや外伝コミックなどの展開は今後も続くと思われます。そちらの展開も考慮して、正式に劇場版製作中止のアナウンスはされないようです」とコメントしている。

2012年、福田は『機動戦士ガンダムSEED HDリマスタープロジェクト』の制作に携わった。同作品では既存カットの新規作画などが導入されており、劇場版の制作を福田が行っていなかったことが確認された。また脚本を担当していた両澤千晶は、『月刊ガンダムエース』2012年6月号よりコミカライズ『機動戦士ガンダムSEED Re:』(漫画:石口 十)への協力としてクレジットされており、これにより両澤も福田と同じく劇場版の制作を行なっていなかったことが確認された。 なお福田は2014年4月末まで、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスタープロジェクト』の制作に携わっていた。




両澤氏の病状でガンダムSEEDの劇場化が遅れ、ほぼ白紙状態となり、両澤氏はガンダムSEEDのコミカライズの協力。夫の福田監督はクロスアンジュのクリエイティブプロデューサーとなったためこうしきでの発表はないがガンダムSEEDのファングラブ、SEEDclubの解散もあることからなくなったと言わざるおえないようだ。


どちらにせよ、長い闘病生活でした。
ご冥福をお祈り申し上げます。

IMG_20150415_113412

授業中描いてみたシリーズ

機動戦士ガンダム ドズル・ザビ


なんかペリーのようなハリーポッターのスネイプ先生のような感じになりました(^_^;)

このページのトップヘ