【毎日更新】新海智久の絶対ブログ宣言‼~暇潰しの暇潰しにより暇潰しの為の暇潰し篇~

現役大学生ブロガー新海智久(ともやん。)の公式ブログです。 主に日常をつぶやいたり、ニコ生配信・簡単イラスト・模写・写メ・漫画紹介・映画紹介・アニメ紹介・気になるニュースのピックアップなどもして更新していきます。SINCE2013.12.01 ◉Twitterアカウント https://twitter.com/tomoyan2013 ◉ニコ生配信はこちら http://com.nicovideo.jp/community/co1990407

タグ:君の名は

images (56)


大ヒットアニメ映画「君の名は。」を手掛けた新海誠監督(44)が、30代前半の美人編集者と不倫交際していることが12日、分かった。時間や時空を超えた純愛を描いた同作で一躍注目を浴びた希代のヒットメーカーは、プライベートでは、妻以外の女性との恋をはぐくんでいた。
 複数の関係者によると、新海監督は昨年春ごろ、共通の知人を通じて、この美人編集者の女性と出会ったという。「君の名は。」が大ヒットした後の、昨秋ごろに交際に発展したようだ。女性は人なつこくてかわいらしいタイプの編集者。平日の仕事が終わった後などに、都内の飲食店や、女性の自宅などでデートを重ねており、2人で映画を見たり、別の業界関係者のパーティーにも同伴するなどしていたという。
 新海監督は02年、アニメ映画「ほしのこえ」で監督デビュー。07年には「秒速5センチメートル」でアジアパシフィック映画祭最優秀アニメ賞を受賞。私生活では妻子がおり、娘は子役として活躍している。
 「君の名は。」は、東京の男子高校生・瀧と、田舎の女子高生・三葉の心と体が入れ替わる話を軸に、彗星(すいせい)落下事故を絡めた切ない純愛ラブストーリー。中高生を中心に口コミで広がり、RADWIMPSの「前前前世」「なんでもないや」などの主題歌も大ヒット。社会現象となった。興行収入は249億円以上をマークし、邦画では、「千と千尋の神隠し」(01年、興収308億円)に次いで歴代2位のメガヒットとなった。来月26日には、ファン待望のブルーレイ&DVD発売を控えている。
 新海監督の所属事務所は、日刊スポーツの取材に対して「監督本人は、『仲がいい友人の1人ですが、深い関係ではありません』と話しています」と答え、不倫については否定した。
 ◆新海誠(しんかい・まこと)1973年(昭48)2月9日、長野県生まれ。中大卒業後、ゲーム会社に就職するも退社。02年「ほしのこえ」で監督デビュー、新世紀東京国際アニメフェア21(公募部門)で優秀賞。07年「秒速5センチメートル」でアジアパシフィック映画祭最優秀アニメ賞。16年「君の名は。」では日本アカデミー賞優秀監督賞など多数受賞。
 ◆君の名は。 東京に暮らす男子高校生・瀧(神木隆之介)と田舎の女子高生・三葉(上白石萌音)の心と体が入れ替わり、奇妙な体験を繰り返していくラブストーリー。物語の舞台やモデルとなった場所を訪れる「聖地巡礼」が社会現象化し、流行語大賞にもノミネートされた。日本アカデミー賞ではアニメーション作品初の最優秀脚本賞を受賞。興行収入は249億円で邦画歴代2位。

https://www.google.co.jp/amp/s/news.nifty.com/amp/entame/showbizd/12168-06130014/
Screenshot_20170613-110950

「関係をもつなら神木さんですよね」


そのとぉり!w

今回の報道の出所は日刊スポーツ。

デマとでっち上げでなんとかなりたっている三流スポーツ紙ですね。

なぜ、日スポ以外は取り上げないのか。
・そもそも核心的なウラを取らずに報道したから

・新海誠監督は「君の名は」というブランドをもつ監督。そんな監督の不倫報道するのであれば今後君の名は関連の書籍や出版ができなくなるため週刊誌が自粛しているから。未来ある(利用価値のある)宮崎駿ポストの候補で今後大ヒット作品を出していくならば関係悪化は避けるべきときの考えたとみられる。

・誤報だったときの賠償に関わるから


いずれにせよ私は誤報に思えますね。

images-39

あらすじ(めんどくさいのでWikipediaより)
前作『言の葉の庭』から3年ぶりとなる、新海の6作目の劇場用アニメーション映画。東京に暮らす少年・瀧(たき)と飛騨の山奥で暮らす少女・三葉(みつは)の身に起きた「入れ替わり」という謎の現象と、1200年ぶりに地球に接近するという架空の彗星「ティアマト彗星」をめぐる出来事を描く。新海作品としては初めて製作委員会方式を取っており、前作は東宝映像事業部配給、全国23館だったのに対し、本作では東宝が配給を担当し全国約300館という大規模な興行となった。




さてね、やはり新海節がでてる映画でしたよね!

・鉄道のシーンをやたらぶっ混む
おそらく彼の作品で鉄道がない作品はないですね。

・キャラクターのすれ違い
ほしのこえ、雲のむこう、秒速、言の葉の庭はなにかしらキャラクターが遠くにいってしまったり、存在を知らなかったりなにかしらのすれ違いがありましたが今回もありましたね!

・詩のような語り
キャラクターの心のなかを語るような演出。
これなくては新海作品とはいえません。

・新宿をぶっこむ
雲のむこう、秒速、言の葉の庭。これらの作品は必ず新宿・代々木あたりを描写にいれます。
今回は新宿駅を中心に最後は千駄ヶ谷の描写もありました。

・キャラクターの再会は同じ場所の異時空で手と手をあわせる
これは雲のむこうでもありましたね。
今回は手をあわせられませんでしたが好きですよね監督w
綺麗な背景で再会するシーンは魅了されます。

・「ユキちゃん先生(CV.花澤香菜)」
「観る人の価値観次第」とパンフレットに書かれてあいた三葉の学校の古典教師雪野先生。
実は前作「言の葉の庭」でヒロインだった雪野百香里だったんですね。
監督が好きな声優に花澤香菜さんと井上和彦さんが好きということでぶっこんだみたいですね!


では逆に新海監督っぽくないところ。

・声優の水野理沙さんをいれなくなったこと。
雲のむこう、秒速、星を追うこども、言の葉の庭では必ずと言ってもなにかしら演じてきた彼女の名前がエンドロールになかったんですよね。
なんか寂しいです。

・声優の前田剛さんをいれなくなったこと
雲のむこう、星を追うこども、言の葉の庭となにかしら演じてきた彼の名前もエンドロールにはなかったんですよね。

・新海監督の「リサ」とは
各作品でキャラクターに「リサ」又は「リナ」と名乗るキャラクターがでてきましたが今回はいないようです。なにか特別な思いでもあるのでしょうか?
噂だと新海監督の娘さんとかいう話。

・曲が天門さんじゃない。
劇中サントラは言の葉の庭に続き天門さんじゃありませんでした。
ほしのこえ、雲のむこう、秒速、星を追うこどもではサントラ担当でストーリーを引き込むそして魅了される曲を数々と提供してきましたが新海監督が有名になりあまり関わりがなくなってきました。

2006年に所属で映画の製作だったコミックスウェーブが分社化され、コミックスウェーブの映画等の事業部だったところがコミックスウェーブフィルム、アダルトゲーム等がminoriと分社化されました。(もうひとつ分社化された事業部あり)
新海監督はコミックスウェーブフィルム、天門さんはBGMの依頼が多いminoriに移籍し、星を追うこども(2011年)で映画から離れていきました。
2013年に大成建設のスリランカ高速道路篇のCMを共につくって以降ほぼ関わりがなくなったようです。
天門さん曰く、大成建設のサントラは手直しをすごい入れられあれは僕の曲じゃないとニコ生で発言していました。

・新海監督らしくない伏線の嵐
いわゆるアニメーションの倒置法を使われているのかなと思います。
最初の序盤だけみてもなんのことやらわかりません。しかしぜんぶ観るとああなるほどと感服します。

・劇中にどんどん歌をいれていく。
今回はRADWIMPSというグループが主題歌・劇中歌を担当しました。
いままで何曲も劇中に歌をいれなかったのですが盛り上げのシーンでぶっこんでましたね!
いつもながらの落ち着きのあるサントラより歌のほうが印象深いです。

・らしくないハッピーエンド
いつもは鬱エンドやバッドエンドや成し遂げられなかったエンドが多かったのですが今回は新海作品初のハッピーエンドではないでしょうか?
Foooooooooo!!

・劇中に出てくる企業の看板が実在する
いままでは実在する企業の名前を一部変えて演出に使ってましたが今回はほぼ実在する企業と一致してました。
最後の主人公の就活シーンはおそらく大成建設(新海監督がCMなどを製作していた)ですね。
おそらくいろんな企業とタイアップがあったかもしれませんね!ちなみに言の葉の庭はZ会がありました。(Z会は新海CMを流していた)

・今回の「君の名は」はノスタルジックシーンがない。
シリアスなシーンはありましたが深いなにかやりきれないシーンでのノスタルジックな背景は今回はなかったかなと思います。




さてずらずらと書いてきましたがとうとうここまで来たか!という感じの映画でしたね。
世界が評価する意味がわかります。
千と千尋は間違いなく越します。となれば宮崎駿監督を超す形になります。

実は2005年の毎日映画コンクールで宮崎駿の「ハウル」を出し抜いて新海誠の「雲のむこう、約束の場所」がアニメーション賞を受賞しているのです。

新海誠監督は自身の作品のみ(アダルトゲームのOPの請け負い歴はあり♥)でここまで登り詰めたのはやはりすごいですよね。オリジナル作品だけでここまで有名になるとは思ってもみませんでした。
今後のご活躍心より応援いたします!

1c984a84389c1f7c3d9d0fce737ae0e25e1b32741473138006-s


新海誠
監督のアニメ映画「君の名は。」が22日までに774万人を集め、公開28日間で興行収入が100億円を超えた。東宝が23日、発表した。興行通信社によると、日本のアニメで100億円を超えたのは、宮崎駿監督の作品以外では初めて。邦画全体でも現在歴代9位となり、今年に入って公開された映画ではトップとなった。

 映画は、山深い田舎町に住む女子高生・三葉と東京都心で暮らす男子高生・瀧の心が入れ替わる物語で、すれ違う恋の切なさや彗星(すいせい)接近によって動かされる運命を描く。

 音楽を担当したロックバンドRADWIMPSのアルバムや、新海監督による原作など関連書籍の売れ行きも好調。「聖地巡礼」としてファンが関連場所を訪問する動きも過熱し、製作委員会がホームページを通じて行動やマナーに注意を呼びかけている。(佐藤美鈴)

 http://www.asahi.com/articles/ASJ9R41DJJ9RUCVL00J.html



まずは、監督おめでとうございます。
とうとう新海誠監督が手の届かないようなところへ行ってしまわれた心境ですw
まず、新海作品は「マイナー」なアニメーション映画と認識しており、映画通・アニメ通なら知ってるぞ的な存在でしたが・・2013年の「言の葉の庭」から注目されはじめ、今年の「君の名は」では復興収入100億ですか・・
凄いですよね!ちょっぴり寂しい気分ですが・・。

「言の葉の庭」も限定公開から事実上の追加上映が重なりほぼ全館放映でした。
「君の名は」は事実上新海監督のメジャーデビュー作でもある作品でした。

そんな「君の名は」が復興収入100億を越したということで何がすごいのか?

20160924-OHT1I50032-T
日本の歴代映画復興収入で現在9位なのです。
8位の踊るや7位の南極大陸は抜かすこと間違いないです。

あのエヴァでさえ復興収入50億くらいなのです。庵野さん・細田さんは完全に抜かしました。
残すは宮崎さんですね。ジブリを越すことができるのか注目です!



おまけ

実は新海誠監督は・・
エロゲーも担当してましたw

ef - the first tale. demo movie


Wind - a breath of heart - Re:gratitude. demo movie
他にもまだまだありますw
ファンからは「日本一美しいエロゲー」と評されています。

わけがあるのです。
新海誠監督は日本ファルコムというゲーム会社を退社後「コミックスウェーブ」という企業に所属してました。
その企業はアニメ会社・エロゲー・著作権管理などをしていましたがその時に作っていた作品なのです。

新海監督作品のほしのこえ・雲のむこう、約束の場所・秒速5センチメートル・星を追う子ども・大成建設「スリランカ高速道路篇」・各エロゲーは日本ファルコム退社からずっとそばにいた天門という作曲家が新海作品を引き立てていました。しかし2007年に「コミックスウェーブ」分社し、新海誠監督は分社した「コミックスウェーブフィルム」へ。天門氏は分社した「minori」というアダルトゲームの会社へ所属することになりました。
新海監督はエロゲー路線から徐々にはずれ、天門さんも新海節から徐々に外れるようになりました。

ファンとしては新海監督あっての天門さん。天門さんたっての新海作品だと認識していたので寂しいものです。


 

images-232


ついに全国東宝系で公開しましたね!

新海誠監督作品では全国東宝系は初!

「言の葉の庭」は限定上映を延長を重ね全国になりました。


http://tomoyan.blog.jp/archives/1047216441.html


いやぁすごいなぁ新海さん。

ファンとして新海誠監督の名前が世に出ると嬉しいかぎりです。

知らない若者はもはやいないでしょう。

極楽とんぼの加藤さんも新海誠監督ファンで『(「君の名は」は)秒速を越えた』と発言しました。
ロンブーの淳史さんも新海誠監督ファンですね。

静岡第一テレビで水曜日の「まるごと」で新海誠監督が出演されていました。大興奮!

どうやら静岡の試写会の帰りだったそうです。

私も映画館行って見に行きます!絶対に!



大ヒットの予感。



ちなみに私が好きな新海誠監督作品は「秒速5センチメートル」「雲のむこう、約束の場所」です。

_20160709_003527

http://tomoyan.blog.jp/archives/1047216441.html



keyvisual3

http://tomoyan.blog.jp/archives/1042363375.html





新海監督と山田監督は讃えられる日本のアニメーション監督だと思う。

ポスト宮崎の後継人になるこの監督らは必見!

詳しくは過去記事URL参照!


2001年~2016年の15年間をまとめた動画が東宝のYouTube公式アカウントで公開されています!

このページのトップヘ