【不更新】新海智久の絶対ブログ宣言‼~忙しすぎて少し、サボります篇~

現役社会人ブロガー新海智久(ともやん。)の公式ブログです。 主に日常をつぶやいたり、ニコ生配信・簡単イラスト・模写・写メ・漫画紹介・映画紹介・アニメ紹介・気になるニュースのピックアップなどもして更新していきます。SINCE2013.12.01 ◉Twitterアカウント https://twitter.com/tomoyan2013 ◉ニコ生配信はこちら http://com.nicovideo.jp/community/co1990407

タグ:劇場版

images (89)

次回作のcase2が始まってしまうので駆け込み視聴。
DSC_0848

見所は霜月監視官の成長。
地上波2期と劇場版と今作の成長が凄い!
常守朱に噛みつくことなく、お互いの立場・行動を理解している。
何より執行官への敬意が生まれており部下思いになっていた。
監視官・執行官問わず呼び名が霜月監視官ではなく下の名前で「ミカちゃん」と呼ばれており親しみが増しているように見えました。
二期はもうみていてイライラしましたがこの成長ぶりは凄い!
ノブチカ執行官からは「常守と霜月の下で働けてよかった」など1係のまとまりがうまくいっているようでした。
肝心の話の内容はネタバレになるのでDVDを買ってネ!

case2はとっつぁんの話か…今月亡くなった声優の有本欽隆さんの遺作になるんだよな。。
絶対に観に行きます!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

images-64


聴覚の障害を持つ少女と少年の心の触れ合いを描いた大今良時さんのマンガ「聲の形(こえのかたち)」が劇場版アニメ化されることが明らかになった。17日発売のコミックス最終7巻の帯で発表された。同作は、11月19日発売の「週刊少年マガジン」(講談社)51号の最終回(第62話)でアニメ化が発表され、テレビか劇場版のどちらかで注目を集めていた。

 「聲の形」は、聴覚の障害を持つ少女・西宮硝子と、彼女へのいじめに加担していた過去を持つ少年・石田将也の物語で、2人の衝突や再会を通して、孤独や絶望、愛などを描いたマンガ。「別冊少年マガジン」2011年2月号と「週刊少年マガジン」13年12号に読み切りが掲載され、読者の反響や監修の全日本ろうあ連盟の後押しもあり、「週刊少年マガジン」で13年8月から連載が始まった。宝島社が年ごとに人気のマンガをランキング形式で発表するガイドブック「このマンガがすごい!2015」(12月10日)のオトコ編でも1位に選ばれている。

劇場版アニメの公開日などは、随時発表する。講談社のサイトにある「聲の形」特設ページでは、作者・大今さんのインタビューや、マンガの試し読みページが掲載されている。


アニメーションの監督はけいおん、たまこマーケットの山田尚子監督

制作会社は京都アニメーション。


文句なしですッ‼
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

映画 クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦 同時収録 クレしんパラダイス!メイド・イン・埼玉 [DVD]
【映画パンフレット】 クレヨンしんちゃん 爆発! 温泉わくわく大決戦
クレヨンしんちゃん フィギュア 温泉 わくわく 大決戦 1円~ 確認の為開封済ミニブック付 全1種 1 爆発!温
海洋堂 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶカプセルフィギュア <全4種セット>



この映画の重要性とは・・・

●原作者臼井義人(2009年登山中滑落死。享年51歳)の事実上最後の出演作。(声の出演として)

●声優塩沢兼人(2000年に自宅階段から転落。6時間後様態が急変し死去。死因は脳挫傷。享年46歳)の劇場版クレヨンしんちゃんの最後の出演作。ぶりぶりざえもん役で出番は一瞬だった。
死後、ぶりぶりざえもんの後任は声優としては存在しない永久欠番である。ただし、キャラクターとしては声の出演なしで登場。

●声優紗ゆり(2012年ガンのため死去。享年55歳。)が大原ななこ役としてでた数少ない劇場版クレヨンしんちゃんの一つ。ななこ役後任は2013年から声優の伊藤静。

●俳優丹波哲郎(2006年肺炎のため死去84歳)が特別ゲストとしてアニメ声優に挑戦した。役は温泉の精タンバ。

●声優田村ゆかりの若き頃のクレしん映画出演。現在と少し声が違う気がする・・。役は温泉Gメン指宿。

●野原一家が離散する初めての作品。・・・のはずの予告編だったが実際そんな内容はなかった。

●復興収入が歴代で最下位の9億円である。

●巨大ロボット侵攻中、各テレビ局報道特別番組のなか1局のみアニメ放映する描写があるが恐らくテレビ東京ネタであるw

●制作協力に「じゃんぐるじむ」「京都アニメーション」「シンエイ動画」「マッドハウス」「手塚プロダクション」「production.I.G.」など有名制作会社の名前がクレジットされてる。



クレヨンしんちゃん 爆発! 温泉わくわく大決戦』(クレヨンしんちゃん ばくはつ おんせんわくわくだいけっせん)は、1999年平成11年)4月17日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ7作目。キャッチコピーは『脱いだら無敵。』。

上映時間は99分。興行収入は約9億円。


軍マニアは好きになる映画だと私は思います!
評価★★★★☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ