【不更新】新海智久の絶対ブログ宣言‼~忙しすぎて少し、サボります篇~

現役大学生ブロガー新海智久(ともやん。)の公式ブログです。 主に日常をつぶやいたり、ニコ生配信・簡単イラスト・模写・写メ・漫画紹介・映画紹介・アニメ紹介・気になるニュースのピックアップなどもして更新していきます。SINCE2013.12.01 ◉Twitterアカウント https://twitter.com/tomoyan2013 ◉ニコ生配信はこちら http://com.nicovideo.jp/community/co1990407

カテゴリ: 領土問題





見た感じ異常接近しているよりは保っているように見える。


中国A「F15に武器を搭載しているぞ!」

中国B「あれはサブ燃料タンクだ!」


中国機が接近してきたのを自演しているのでは?

明らかに自衛隊機の動きに問題はない。



Screenshot_2014-05-07-22-39-50-1


またもや中国の戯れ言が・・

尖閣諸島を中国のものにしようとしてますが

まだ飽き足りないか?

Screenshot_2014-05-07-22-38-49-1



じゃあ聞こう。中国の領海ってどこまで?

Screenshot_2014-05-07-22-38-25-1


中国「こっからここまで俺んち領海~♪」

世界「」





無茶言うなよwww

子供の砂遊びかwww




ドラえもんに例えると…


中国ジャイアン「こっからここまで俺んちだからな!!来たらぶっとばすぞ!」

日本のび太「ドラえもぉ~ん( ;∀;)」

米国ドラえもん「のび太君の言う通りだ!!秘密道具で力貸そう!」

韓国スネ夫「僕はジャイアンの友達だからねーw」

中国ジャイアン「スネ夫、お前のものは俺のもの。俺のものは俺のものだよな?」韓国海域へ領海拡大~

韓国スネ夫「え?!」

韓国スネ夫「そ・・それはないニダ!!」

モブベトナム「ジャイアン勝手に領海入るなよ!!」

中国ジャイアン「うっせー!」船でベトナム船体当たりー

モブベトナム「うわー!」

しずかフィリピン「剛さんひどいわひどいわー!」

中国ジャイアン「うっせー!俺のもんだ!」

日本は沖縄からアメリカ軍を撤退させようとしている。撤退すれば思いやり予算が浮く。基地跡地の国有化。住民の願いが叶う。しかし、国防はどうなのか?
尖閣なんて序の口だ。

沖縄からアメリカ軍撤退後、中国軍が侵攻し領土にしてしまうだろう。

現にフィリピンの島から米軍撤退後中国軍が侵攻し、占拠された。

そんなことも考えられる。まず、自衛隊の装備と法律に問題がある。

まず、装備だ。海上自衛隊は実戦経験もない、かといって年間少ない国防費の中から補っている。到底良い装備は整っていない。いくらイージス艦を配備しても意味がないだろう。

そして、法律。尖閣の上陸事件で皆さんは聞きなれただろう『領域警備法』という言葉だ。主に海上保安庁だ。
海上保安庁は『海上警備行動』の範疇で相手が機銃弾一発でも撃たない限りこちらから攻撃もできないし先制攻撃もできない。やったらやり返す方式だ。ならどうする?船をぶつけたり、威嚇放水、威嚇射撃、強制的に目標船に乗り込み、拿捕するのみだ。

しかし尖閣上陸事件では実行できず、陸上に活動家が上がってしまった。陸に上がったら“沖縄県警”の管轄になるため上陸逮捕は無理だ。指をくわえて尖閣に中国旗を見るのみなのである。あくまで海上保安庁は海上の警察ということだ。

その地点でもう既におかしい。

憲法9条で戦争放棄・軍隊を持たない・他国交戦禁止をキーワードに掲げられるが、その憲法9条こそが犯罪と私は考える。


日本は無力だ。全部アメリカが何とかすればいいや。そんな考えが日本を奈落の底へ堕ちる要因なのだ!


北朝鮮は近年核開発を進め、日本に向けノドンやテポドン、人工衛星と名のついた明光星などを翔ばし威嚇している。それを経済的バックアップしているのが中国やロシアなのだ!

日本にもし北朝鮮が核ミサイルを翔ばしたら守れるのか?PAC3・・パトリオットと呼ばれる地上対空迎撃ミサイルを持っている?イージス艦と呼ばれるシースパローやスタンダードミサイルなどを配備している?


俺は到底全弾迎撃不可能と考える。
まず要因として交戦経験のない自衛隊になにができる?イージス艦やPAC3など良い性能の装備だってまさに『猫に小判』状態・・。

そして、限度。日本までの着弾は最大で10分。それまでに何ができる?

そして、限度。日本までの着弾は最大で5分。それまでに何ができる?

発射から1分―
アメリカの国防省のスパイ衛星で関知

発射から2分ー
情報が防衛省から内閣府危機管理センターにアメリカから通達

発射から3分―
自衛隊に緊急配備
空自はスクランブル要請
陸自・空自はPAC3配備
海自は護衛艦迎撃配備

発射から4分―
各マスコミが速報報道
自衛隊配備中
着弾予定地に広報で警報

発射から5分
自衛隊配備完了



・・はい。あと5分。(おおよそ)

ちなみに航空自衛隊はミサイル飛来予定地点までのスクランブル発進は不可能とも言える。
その一分で何ができる?
またアメリカさんが何とかしてくれる?

それは無理だ。

アメリカとの国交断裂してみな。日本は隣国などの的になる。



ならどうすれば良いのか?


まず、
・国内国防用兵器開発の開始
・海上警備行動の見直し
・憲法9条の見直し
・領域警備法の白紙撤回
・自衛隊を国防軍に
・先制攻撃対処化
・南鳥島や硫黄島のような自衛隊のみの島。自衛隊独占施設を沖縄県に設置(自衛隊に沖縄特殊方面隊の設置)
・アメリカ軍グアムサイパン・ハワイへの撤退を白紙撤回
・日米離島奪還作戦訓練の強化
・オスプレイを普天間以外の住民がいない沖縄県内の基地に移転などさまざまな考えが思い浮かぶ。

まず民主党じゃだめだ。政権を日本維新の会。連立を自民党・新党大地真民主・幸福実現党などにしなければならない。


果たして日本に未来があるのか?


2012年11月26日00:12 旧HP・mixiにて

このページのトップヘ