秒刊サンデーでも何度も紹介してきました地震予知の研究家「串田嘉男」さん(串田氏)がテレビの放送で、来年の2月中旬にマグニチュード7~8の地震が近畿に発生すると発表しました。この余地はかれこれ2008年ごろからチラホラ話題になっており、一昨年は9月に巨大地震が来ると新聞などでも大きく取り上げられておりました。本当にくるのでしょうか。


―発生は来年2月中旬!

串田氏はフジテレビの番組「ニュースな晩餐会 」でこれまでの研究結果を発表。FM電波の波形を取得することにより、地震の発生時期を特定。極大期を迎えた後縮小する時期が発生するだろうという研究で、東日本大震災の発生時期を特定したとされている。

そして次回は発生する時期は2月中旬に近畿地方でM7~8クラスの地震が発生すると発表しているようだ。(放送時に極大期が収束した場合に限る)もちろん番組内ではあくまで「研究」というレベルにとどめたいというスタンスのようだ。

信じるか信じないかはあなたしだいだ。


出典・はちま起稿 http://blog.esuteru.com/archives/7906113.html