DCIM0631-1
「The president of student council.~2012 First season~」

私がイラストの全盛期だった頃のものです。

高校の卒業式終了後内密に某高校図書館に寄贈していました。

私のもう描くことのない、できない最高傑作です。 

イラスト整理で出てきました。画像はコピー着色です。原画は寄贈してしまったので高校の生徒しか見ることがありません。

このイラストはとある女生徒をモデルに描いたものです。英語を訳せばどんな女生徒だったかはわかるはずです。

ずっとこのイラストは封印してきました。できるなら今日出てきて欲しくなかった。そんな思いです。

これ以来、私の納得する絵は描けなくなりました。これが私の精一杯だったのです。

このシンプルな絵に没我はおよそ25枚。すべてGボールでのイラストでした。製作期間は3週間。一日に長時間費やし、やっと出来たイラストでした。

本当はモデルの張本人に渡したかったのですが、卒業式後部活の緊急の集まり・送別会で私が教室に戻ってきた頃にはもうすでにいなく、そのあとの打ち上げにも来ませんでした。私が最後に見た彼女は・・体育館の式の教壇に立つ彼女でした・・。

本当なら渡せない場合燃やす予定でしたが、高校の図書室に数点いままでイラストの作品を寄贈していたので私の最期のイラストとして寄贈しました。

いまも飾られているそうです。私がこの1年半封印してきた作品は学校での反響が良いらしく、私には直接には伝わってきませんがそこの司書さんとは去年の11月にお会いした時にそう聞きました。

私の高校生活最後に描いた作品です。そして、もうこれ以上の最高傑作は描けないと思います。 

黒髪ロングのなめらかさ、メガネの着色・色彩、顔の横向き、スタイルを苦労していたのをよく覚えています。

気分が乗りましたら没画と絵コンテを随時UPしていきたいと思います。

ある意味このイラストは私にとって最大のトラウマであり、見たくない過去・思い出したくない過去です。