ここにいるよ。

愛はまだ。

ここにいるよ。

いつまでも。

空と君の間には

今日も冷たい雨が降る。

君が笑ってくれるなら、

僕は悪にでもなる。


中島みゆき 『空と君のあいだに』より




高校の頃。今思えば一生懸命だった。
どうしたらあの子が笑うのだろう…
どうしたら楽しくなるのだろう…

私は、その子に片想いをしていた。

だが、それは儚く夢で終わった。

あの子のためならなんだってやる。

そんな気持ちだった。

だが、実際自ら閉ざしていったのかもしれない。

だからこうして記す。

率直な気持ちを言葉で伝えられなかった無念をここに遺す。

ただ今は…その子が笑ってくれるなら…